レカンフラワーを楽しく

こんばんは、レカンフラワー教室のクオリティライフです。


Kさまのレカンフラワーレッスンでとっても驚いたことがありました。


レカンフラワーを作るときに使う、ジュエルサンドは小さくて丸い形をしています。お花を埋めた角形の容器に入れる際、コロコロと転がったり、勢いがよく床まで飛んでいくことがあります。そこで、教室ではこのようなジュエルサンド用作業BOXを使っています。

DSC_0003 (2).JPG


小さなジュエルサンドがこのBOXに落ちても、端のリボンをほどいてスムーズに容器に入れ直すことができます。机や床に落ちることもなく、安心です。



Kさまがお手製のこちらのミニ作業ボックスを持って来られました。しかも、バッグとお揃いなのです。Kさま、すごいです。お話をうかがうと、ご自宅でレカンフラワーを作る時に、ジュエルサンドが床に落ちてしまい困ったとのこと。教室で使ったジュエルサンドBOXを思い出していただき、バッグと同じ生地で作られたようです。ご自宅用はもちろん、ミニサイズなので携帯にも便利ですね。


CIMG6463 (2).JPG



教室でも楽しく使われていました。

CIMG6465 (2).JPG



Kさまのレカンフラワーに対する情熱を感じました。素敵なレカンフラワーライフをお楽しみくださいね。